歯周病のおはなし

歯周病とは

歯周病とは歯を支える土台である歯茎(歯肉)、セメント質、歯根膜、歯槽骨といった
歯周組織が歯垢に含まれている歯周病菌(細菌)に感染し、
歯茎が腫れたり出血したりして最終的には歯が抜けてしまうわが国では
歯を失うもっとも大きな原因の「歯の周りの組織に発生する慢性疾患の総称」です。
歯周病は歯茎から膿がでる病気という意味で、
近年までは「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。
しかし膿が出る以外にもさまざまな症状があることから、
現在で歯では「歯周病」と呼ぶのが一般的です。

 

歯周病は、歯と歯茎の間の通称「歯周ポケット」という部分にたまった
歯垢やその中にいる歯周病菌が歯茎に損傷を与え、
歯を支える組織を少しずつ破壊していきます。
厚生労働省によれば35歳以上の日本人の約8割がこの病気に罹っていますが、
初期の段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないことから
サイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれ、
気づかないうちに症状が進行しているケースが多い生活習慣病のひとつです。
こういった生活習慣が引き起こす歯周病が気になる方はこちらの西新宿にある歯医者の様な専門的な治療に精通した歯医者さんの歯科を一度受診して話を聞いてみるのもよいでしょう。

 

歯周病の直接の原因になるのは「歯周病菌」ですが、
その歯周病菌が生息する歯垢をためやすい生活習慣も原因になります。
よく噛まないで食事を摂る、歯磨きが不十分・不適切である、
喫煙する、ストレスが多い、といった生活習慣も歯周病を引き起こしたり悪化させたりする要因になるのです。
さらに歯周病が糖尿病や誤嚥性肺炎( 「誤嚥:ごえん」とは口の中や胃の中のものが誤って気管に入ること)、
冠動脈心疾患といった病気に関連があることが、近年の研究にもとづいて指摘され始めています。
歯垢を確実に取り除くとともに口の中全体を清潔に保つことは、
歯周病の予防だけではなく健康維持の面からも必要なことなのです。

歯周病の進行と歯の状況

歯周病になると、さまざまな症状が現れます。
ネット情報の中には13もの症状を紹介しているものもありますが、
このサイトでは歯周病の進行を5段階に分けてそれぞれの段階での歯と歯茎の状況を情報提供しましょう。

 

歯周病の症状は大別すると、歯肉炎と呼ばれる段階と歯周炎と呼ばれる段階の2つあります。
歯肉炎は歯周病の初期段階で歯茎の先端が丸みを帯びて膨らんでいたり赤く腫れていたり、
軽く歯を磨いただけで歯茎から出血するような段階です。
歯周炎は歯肉炎が進行した段階で、
歯茎が赤紫色に変色して柔らかくなったり口臭が発生したりします。
また歯茎から膿が出ることもあります。

 

この歯周病の進行過程と歯の状況は次のとおりです。
進行ステップ1は「健康な状態」です。
健康な歯と健康な歯茎の間には1?2mm程度のすき間があります。
進行ステップ2は「歯肉炎」です。たまった歯垢を放置していると
歯茎に炎症が起き(歯肉炎を発症する)、すき間が2〜3mmへ広がります。
進行ステップ3は「軽度歯周炎」です。歯茎の炎症がひどくなって歯周病菌が歯周組織に侵入します。
歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめます(歯周炎を発症する)。
歯と歯茎のすき間は3〜5mmになります。
進行ステップ4は「中度歯周炎」です。歯茎の炎症もさらに進行します。
歯周病菌が歯周組織に侵入して歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめまることで歯がグラつきはじめます。
歯と歯茎のすき間は4〜7mmに広がります。
進行ステップ5は「重度歯周炎」です。
炎症の拡大や歯槽骨の破壊がさらに進行します。
ここまで歯周病が進行してしまうと歯と歯茎のすき間は6mm以上に広がり、そのことで歯はグラつき始めます。

 

 

更新履歴