歯周病の治療費と保険

歯周病の治療費と保険

歯肉炎や歯周炎などの歯周病は口の中の病気の一つです。
そのため病気の症状を改善させるための歯周病治療には、原則としては健康保険が適用されます。
このことから保険医指定を受けている医院においては、
保険医療養担当規則という法律にもとづいて保険適用の治療を拒否することはありません。
最近の健康保険制度では
歯肉の切開、頑固な歯垢・歯石の掻爬、歯周外科処置、病状安定後の定期的なメンテナンスまで保険が適応されます。
当然のことながら保険診療ではかかった医療費の3割を自己負担するだけで
必要な治療を受けられますし、治療内容が同じならどの歯科医院で治療を受けても費用は同じです。

 

しかしながら特殊な薬を用いた治療やレーザー治療といった一部の治療、
現時点では美容的な意味合いが強いと理解されている
PMTC(歯科衛生士が特別な機器を使って行うプロならではの歯のクリーニング)などは、
保険適用外の治療になりますから注意が必要です。
また、歯科医院の中には歯周病の治療を自由診療で行っている場合もあります。
したがって全ての歯周病治療を健康保険が適用される範囲内で行ってほしい場合には、
事前に医師にその旨を伝えることが重要です。
また保険適用外の治療方法をすすめられた場合には、
なぜその治療が必要なのか納得できるまで説明を受けることが必要です。
よって、歯医者選びの段階から、ここならリラックスしていろいろなことを質問できそうだなと思えるような医院を選ぶことも重要になってきます。例えばパークシティデンタルクリニックでしたら清潔感もありスタッフも親切で安心です。

 

 

なお、歯周病を保険診療で行った場合と自由診療で行った場合の「治療回数と治療費の目安」は次のとおりです。
「初期の歯周病」の場合、治療回数は4回程度・保険診療8,000円程度、自由診療2〜4万円 
「中期の歯周病」の場合、治療回数は10回程度・保険診療1〜5万円程度、自由診療5〜10万円 
「重度の歯周病」の場合、治療回数は進行度による・保険診療3〜10万円程度、自由診療20万円以上