歯周病の感染や進行

歯周病の感染や進行

歯周病という言葉をご存知の方も多いと思います。
歯周病菌が歯や歯茎を蝕むこの病気は、日本人の多くが罹患しているとされているのです。

 

しかし、歯周病そのものに関して皆さんはどれだけの知識をお持ちでしょうか?
今回は、歯周病対策の第一歩として知っておきたい歯周病の感染経路や進行についてご紹介します。
歯周病は自分のお口の中だめで感染する病気と思っている方はご注意ください。
歯周病は唾液を通して他者にも感染するのです。
恋人同士のキスや食べ物を口移しするといった習慣によって、歯周病になっていない人にも歯周病菌を渡してしまう恐れがあります。
お子さんが歯磨きを頑張っていたとしても、歯周病になっている親御さんの唾液が口内に入ってしまうと歯周病にかかるリスクに晒されることになります。

 

また人間だけでなくペットなどの動物から歯周病が感染するケースも見受けられます。
歯周病の感染を防ぎたいという人は、唾液が口内に入らないような工夫を施すと良いでしょう。
歯周病は軽度なものから歯が抜け落ちる寸前といった状態までいくつかの段階があります。
歯肉、いわゆる歯茎に損害が出ている状態を歯肉炎と呼びます。

 

 

 

こちらは歯周ポケットに蓄積されたプラークが歯茎を炎症させる疾患です。
歯肉炎は軽度な歯周病であり、ブラッシングを含めたセルフケアを施せば健康な歯に戻ることが出来る可能性があります。
歯周ポケットは歯周病の進行と共に深くなります。
歯の根元を構成する部分まで歯周病菌が入り込んでしまうと、歯槽骨という歯を支える土台の骨が蝕まれます。
これがいわゆる歯周炎と呼ばれる状態です。
歯周炎が進行すると歯がぐらつき、咀嚼にも問題が出てきます。
なるべく早い段階で歯科医師を訪れ、治療に臨むことが健康なお口を取り戻すための手段なのです。

 

関連ページ

歯周病を予防
歯周病を予防
歯周病の兆候
歯周病の兆候
歯周病の新治療
歯周病の新治療
歯周病の治療費と保険
歯周病の治療費と保険
歯周病の進行と歯の状況
歯周病の進行と歯の状況
重度の歯周病の治療
重度の歯周病の治療