歯周病の新治療

歯周病の新治療

医学の進歩は人間の知識を結集させた科学の象徴であり、私たちの生命に深くかかわっています。
歯科の分野も研究の積み重ねによって新たな治療方法が生まれているのです。
今回は、歯周病に関する新たな治療方法について詳しく見ていきましょう。

 

歯周病に置いて重要なのは、軽度な状態から進行を食い止め、健康な歯に戻していくことです。
日本人は成人の8割が歯周病に感染しているといわれており、その多くが自らの歯周病の可能性に気づいていません。
こういった方々が重度の歯周病に陥る前にご利用いただきたいのが、マウスピースを利用した歯周病菌の除菌です。
通称3DSとも呼ばれているこちらの治療は、歯周病に感染するリスクが高い、もしくは軽度の歯周病の患者にマウスピースを嵌めてもらい、薬液を浸透させるという方法です。
歯周病は細菌が引き起こす疾患ですから、細菌の数を減少させることは師種苗のリスク低減に直結します。
この治療の特徴として挙げられるのが、自宅でも効果的な歯周病予防に臨めるという点です。
3DS治療の流れてとしては、歯科医院を訪れた患者にカウンセリングや問診を施した後、PMTCという歯科医師による歯のクリーニング作業に移ります。

 

治療前の説明が丁寧な板橋区役所前 ゆい矯正歯科

 

その後、歯周病菌を除菌する効果がある薬液を含んだマウスピースを嵌めて、口内に薬を浸透させるのです。
歯科医院での治療を終えたら、患者はマウスピースを自宅に持ち帰り1週間決まった時間にそれを嵌め込むことになります。
こうすることで、歯周病菌がお口の中から少しずつ減少し、歯周病にかかるリスクを減少させられるのです。
3DS治療について興味が湧いたという人は、お近くの歯科医院で相談してみましょう。

関連ページ

歯周病を予防
歯周病を予防
歯周病の兆候
歯周病の兆候
歯周病の感染や進行
歯周病の感染や進行
歯周病の治療費と保険
歯周病の治療費と保険
歯周病の進行と歯の状況
歯周病の進行と歯の状況
重度の歯周病の治療
重度の歯周病の治療