歯周病を予防

歯周病を予防

毎日歯磨きを頑張っている皆さんの中にも、歯科医院に行くのは気が進まないと考えている人がいることでしょう。
歯を削ったり神経を抜くという治療に少なからず負担を覚え、それ以来足が遠のいてしまうというのはよくある話です。

 

しかし、歯科医院では歯科疾患を治療するだけではなく、病気を予防する措置もとられています。
今回は、歯周病と予防歯科の関係について詳しく見ていきましょう。
歯周病とは細菌の塊、いわゆるプラークが歯周ポケットに侵入し、歯茎や歯の根元にあたる部分を蝕む疾患のことです。
痛みを覚えたときには歯がぐらつき、抜歯などの施術をしなくてはいけないケースも少なくありません。
予防歯科ではこうした歯周病にかからないようにするための治療が実践されているのです。
予防歯科における検査方法は一般的な定期健診よりも念入りといえます。

 

なぜかというと、お口の状態を知ることが歯科疾患を予防する第一歩となるからです。
歯並びや歯茎の状態をチェックするのはもちろんのこと、歯石の有無や磨きの腰のチェックも行われます。
患者の口内に特殊な薬品を塗布し、細菌が残っている部分に着色を施すこともあるのです。
これによって患者は自分の歯磨きが不十分で会ったことを認識し、ブラッシングを含めたデンタルケアにより一層力を入れることになります。

 

さらには、歯科医師による歯のクリーニングをしてくれる歯科医院もあります。
口内を清潔にすることが歯周病予防には欠かせませんから、予防歯科に通うということはそれだけ歯周病にかかりにくくなることを意味するのです。